グリーンショップ
今回はごく日常的などうでもいいような話を書かせてもらいますが、たまにはこういうのもバンコクでの暮らしの一端がわかっていいと思います。

実は3日前、いつもこのブログを書いているデスクトップPCの設定をいじっていたら突然、PCが作動しなくなり、にっちもさっちもいかなくなりました。

これは困ったことになったと、早速自宅のあるオンヌットからBTSに乗ってこのPCを買ったサムローンのショッピングモール、インペリアルワールドにあるグリーンショップという店に持っていったのです。

この店は3年近く前に、駅前のコンドミニアム、メトロポリスの工事進捗状況を視察に行った際に、ついでにインペリアルワールドの中をうろついていた時に見つけたものです。

そこの4階にコンピュータ関連の小さな店が集まっている一角があります。偶然、このグリーンショップに立ち寄り、いろいろと話を聞いていると、OSだけでなく私のようなタイのブロガーにとっては不可欠である
日本語、英語、タイ語の3か国語を縦横に使いこなせる設定にしてもらえるということで、しかもそれが、どんなソフトのダウンロードでも全部でたったの300バーツだというのです。

サムローンはまだまだ外国人も少なく英語もなかなか通じないのですが、むしろ片言の英語で対応してくれるほうがわかりやすい上に、愛想はあまりよくないですが、ちゃんと客のいうとおりに設定してくれるというので気に入りました。

ちょうどその頃、それまで5年ほど使っていたデスクトップPCがスローで調子が悪くなっていたこともあり、思い切って買い替えることにし、この店でCPUからハードディスクまで使用目的に応じて構成してもらったデスクトップを購入したのです。

それ以降、そのPCを使って、このブログや雑誌連載記事だけでなく、インストールしてもらった出版ソフトを使って「続・バンコク不動産投資」とそれ以降の著書をも書いてきました。

しかしそれが、3日前にセッティングの変更をあれこれしているうちに、PCが立ち上がらなくなり、すぐにこのグリーンショップに持って行ったところ、全てのデータはそのままでウインドウズ及びその他のソフトを全部入れなおしてもらったのです。そして、やっぱりそれも300バーツでした。

著書の原稿などのデータのバックアップを取っていなかったので、随分焦ったのですが、データは一切消さずにすんだので、本当に助かったと安堵しました。

サムローンはオンヌットの駅からだとBTSで6駅、わずか10数分とほとんど気にならない距離です。そして、この店はああだこうだと外国人である私の面倒くさい要求にもいちいち対応してくれるのでお勧めです。

別にこの店から宣伝を頼まれているわけでもありませんが、日本人の多くはBTSスクンビットライン沿線に住んでいるので、
もし自分自身のパソコンに問題が生じた場合、修理費の高い街中のパソコンショップに持っていくより、サムローンまでちょっと足をのばしてインペリアルワールド4階のグリーンショップを訪ねてみることをお勧めします。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村